6怖い話 都市伝説 牛の首

 

牛の首とは

牛の首その話を聞いた者は、

恐怖によって、三日と経たずに死ぬという。

しかし、その恐怖の牛の首の話は、誰もその話の内容は知らない

 

牛の首の特徴

「牛の首」という怪談自体は存在せず

「今まで聞いたこともない怖い話」

として語り継がれることがこの話の特徴で

まさに、都市伝説を象徴したような怖い話

 

 

牛の首の発端

小説説

元ネタは小松左京が1965年に「サンケイスポーツ」で発表した小説

その中で、牛の首が、登場した。

 

牛の首として語られている噂

小学校の教師が、遠足のバスで語った話

しかし、最後まで聞くまでに、全員が意識を失った

その為、その話を知る者はいない

また、教師自体も、牛の首を知らず

バスが、通った場所が、牛の村

 

牛の村

昔は、食料に困る事が多い時代

大飢饉の時代に起きた村の出来後

その為、他言無用の出来事となり

それが、牛の首の話である。

その村は、牛の村と言われている。

 

都市伝説

あまりの怖さで、語る者も、聞いた者にも死が訪れるこの話

よってその話がどんなものかは、誰も知らないというこの話

究極的に怖い話 それ故、存在するが 存在していない

というところが怖い部分なのでしょうか

しかし、人々は、好奇心から、

そんな話を聞きたくなるものです

その後に、訪れる後悔を考えずに

 

どう思うかは、あなた次第

次の怖い話の都市伝説は