4芸能界 芸能人 都市伝説 笑福亭鶴瓶 スイカ事件

※表現を変えていますがご了承ください

スイカ事件の都市伝説とは

スイカ事件とは、「突然ガバチョ」という

笑福亭鶴瓶の番組で起こった事件とされる都市伝説です。

 

それは、この番組に、

一枚の心霊写真が送られてきた事から始まります。

 

その心霊写真には、

生きた、女性が、三人写っている写真で、

その心霊写真の特徴というのは

腕、足、首が写っていない心霊写真でした。

 

その後、そのうちの二人は、

それぞれ写真に写っていなかった部分が無くなる形で

※消えていったという

 

そして、この写真を送ってきたのは

最後の生き残りの女性

彼女は、この呪いを恐れており

どうにかして欲しいという事で、

番組に、この心霊写真を送ったのだという

 

そこで番組側は、

呪いなど存在しないことを番組中で証明しようと

彼女に番組に出演してもらう事にして

深夜の生放送番組で、

生放送中に、その女性と母親が同伴して

番組に出演する事になっていたという。

 

そして、その当日、

目的地に到着した彼女に不幸が起きて

混乱した母親は、※スイカを持って

そのまま、生放送中のスタジオに登場してしまったという。

 

放送事故となり、

一瞬だけ写ったスイカを持った母親が写ってしまい

直ぐに、天井が写されたという。

 

 

都市伝説の真相

この都市伝説については、

読売テレビの『最後の晩餐』という番組で

鶴瓶本人が完全否定しましたが

この都市伝説は、なぜか、噂が広がっている

不思議な都市伝説です。

 

 

どう思うかは、あなた次第

  • はてなブックマークに追加

あなたの知っている都市伝説や面白い話も募集しています。

次の都市伝説は、