32東京ディズニーランドの都市伝説  タワーオブテラー

タワーオブテラーとは

1899年建設されたホテル

ハリソン・ハイタワー三世は、骨董品を収集しており

とある部族から、呪いの像を強奪してしまう。

 

そして、その呪いなのか

彼が、呪いの像を持って、エレベーターに乗った時

ホテルが、停電して、エレベーターが1階に落下

さらに、不思議なのは、

なぜか、彼の姿は、エレベーターになかったという

 

そうして、この事件依頼、ホテルハイタワーは、

恐怖のホテル タワーオブテラーと呼ばれた。

 

タワーオブテラーの幽霊 都市伝説

鏡が出てきた時、たまに一緒に幽霊が、写り込んでいる。

または、鏡に向かって手をふると

なぜか、自分の姿は、手を振っておらず

その背後に幽霊が映るという。

 

左に曲がる 都市伝説

本来このタワーオブテラーのアトラクションは、

乗る前に、通路を左側に曲がる。

 

しかし、とある男性客が、

その通路を右に曲がっていったという

そして、男性は、見つかることがなかったという

 

落下の種類 都市伝説

タワーオブテラーは、落下するアトラクションですが

落ち方が、6種類程あると噂されている。

 

あなたのイイね!お願います。

次回の東京ディズニーランドの都市伝説は、デスブログ