29東京ディズニーランドの都市伝説  ホーンテッドマンション

 

待ち時間の都市伝説

東京ディズニーランドの待ち時間の表示は、

5分 10分 15分こんな感じで、

通常は、5分単位で表示されていますので

最小の待ち時間は、5分

 

しかし、ホーンテッドマンションは、

その不気味さを表現する為なのか

最小の待ち時間は、4分と表示されています。

 

一度も掃除されていない

ホーンデッドマンションは、雰囲気出す為に

近くの壁は、ホーンデッドマンションが、出来てから

1度も掃除されていないという。

 

本当は、もっと怖かった

ホーンデットマンションは、夢の国にふさわしく

子供向けのお化け屋敷といった雰囲気ですが

実は、開設当時は、本当に怖いお化け屋敷だったという

 

なぜ怖くなくなったかといえば、

予想外に、あまりにも怖すぎて不幸があったという

その為、怖い要素を徹底的に排除して

夢の国の怖くないホーンテッドマンションになったという

 

本物の幽霊が混じっている。

ホーンテッドマンションでは

昔から、本物の幽霊が混じっているという都市伝説がある。

①男の子

②長い髪の女

③窓から見える幽霊

④閉園後にだけ、現れる幽霊

⑤4人家族の幽霊

など、4つの幽霊の噂がある。

 

ピノキオ人形を持つ謎の男の子

ゴーストライターが出現する本棚の近くで、

ピノキオ人形をもった謎の男の子がいるという。

 

4人家族の幽霊

赤いショッピングバッグを持った4人家族がいるという。

 

窓から、見える幽霊

窓から、時々、幽霊が見えるという都市伝説がある。

その幽霊は、影が見えたり

こちらを見ていたりするという

 

閉園後に現れる幽霊

閉園後に現れる幽霊が噂されている。

 

あなたのイイね!お願います。

次回の東京ディズニーランドの都市伝説は、遺灰が撒かれている