ドラクエ ドラゴンクエスト1 ゲームの都市伝説 

ドラゴンクエスト ドラクエの都市伝説

 

ドラゴンクエスト1とは

1986年5月27日発売されたゲーム

 

スライムのデザイン都市伝説

ドラゴンクエストといえば、スライムというほど

モンスターの中でも、もっとも人気があるモンスター

 

しかし、そのスライムのデザインは、

初期のデザインとは、全く違うという

 

ドラクエ1制作時に、

堀井雄二の描いたスライムのラフ絵は、

ドロドロの液体状のモンスターだった

 

しかし、キャラクターデザインを担当した鳥山明が、

「どろどろしたものはデザインしにくい」という理由から、

親しみ易いデザインに変えたという。

 

初期のデザインは、

バブルスライムやジュリーマンのようなデザインだった

 

 

スライムベス

スライムベスは、メスで、

スライムベスのベスはエリザベスの愛称のベスなんだとか。

このスライムベスは、ドラゴンクエスト1にしか出てこない

 

 

いきなりフィールドスタート都市伝説

最初のドラクエでは、

いきなりフィールドから始まる予定だった。

 

しかしテストプレイの結果、

いきなりフィールドから始まると、

どこに移動していいのか迷い

スライムにやられてしまう問題が発生する為

その案は、なくなった。

 

 

ローラ姫を抱えたまま 都市伝説

宿屋に入ると主人のセリフが変わる。

おはよう ございます。

昨夜は、お●しみでしたね。

では また どうぞ。

 

 

ドラクエⅠでローラ姫を抱えたまま全クリできる

ローラ姫を抱えた時に、

そのままクリアしようと思えばクリアできる。

 

さすが、昔のゲーム

今のゲームでは、考えられないような設定ですね。

 

そして、なんと、それが、バク的な設定ではなく

ちゃんとした設定だったようで

最後のボス 竜王の所まで行くと

竜王のコメントが変わる。

 

竜王
『ほほう 姫を わしの所まで
 連れてきてくれたのか?
 ごくろうであったな』

 

 

ドラクエ1の主人公はエンディングで喋る 都市伝説

ドラクエといえば、ドラクエ方式といえる

主人公が、全く喋らないRPGですが、ドラクエ1では

その主人公が、エンディングで喋るという

「いいえ。 私の 治める国が あるなら
 それは、私自身で 探したいのです」

 

 

成長パターンが複数ある

ドラゴンクエスト1の主人公には、

成長パターンは複数存在して、

そのパターンは、 名前に使われた文字によって決まる

 

 

画像一枚程度の容量

Ⅰが512kBドラクエ1の容量は現在のパソコンの画像1枚分しかない

 

 

使えない文字

ドラクエ1は、先ほどに説明したよう容量が少ない

容量の少なさは、その影響で使えない文字があった程

 

その為に、シナリオを最後まで作って、

各文字の使用回数を調べて、

一番使用頻度の低い文字から削っていき

 

さらには、魔法の名前は、

使える文字の中から作られたという

 

昔のゲームは、制限が多い中で作られ

多くの想像力が使われた

その為に、名作が多いのかもしれない。

 

 

ダースドラゴンの本当の名前

先ほど説明した、容量の関係で

ダースドラゴンは、クが使用できない事から

ダースドラゴンと名付けられた。

本当はダークドラゴンの予定だった。

 

 

ドラクエ1の勇者が最強

竜王は設定上ゾーマより強いという設定だが

どのシリーズでも、魔王を倒す時は、4人で倒す

 

しかし、ドラクエ1では、

ご先祖が4人がかりでやっと倒したゾーマより強い竜王を

なんと一人で倒す

 

だから、ドラクエ1の勇者が最強だという都市伝説

 

ヘブライ語が使われている?

世界をアレフガルドという名前が付いているが

ヘブライ語にすると はじまりの世界 となる

 

「アレフ」→ はじまり

「ガルド」→  国・世界

 

どう思うかは、あなた次第
いいね!でコメントしてね

次ゲームのの都市伝説は、ドラクエ2